プロフィール

ぐっすりさん

Author:ぐっすりさん




無料カウンター


現在の閲覧者数:


ブログランキング よろしくお願いします


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月26日(月) 引き際



サラリーマンには定年がある。
最近ではまだまだ十分頑張れる人でも一度線が引かれる。
この制度、すぐに年金が適応されるならば、お互いに都合がいい場合もある。

でも、職人は生涯現役である。。。
朝の情報番組で「円楽さん、引退宣言。」というニュースを聞いた。

久々の高座で思うように話せなかったのが理由らしい。
当然、多くの人がその事を残念がっていた。
私も同じように残念に思った。

しかし、職人と言われる人はこの引き際が本当に難しいと思う。

以前に、料亭の板長が自分の限界を感じて引退するというドラマを見た事がある。
周りも腕が落ちたとわかっていたが、それを一切口にせずそっとフォローする。
しかし、あまりにもミスが多くなり、店のおかみも他の職人の手前このままにしておくわけにはいかないと悩む。
それに気づいた板長が引退すると言い出すのだ。

まだ仕事が出来るうちに定年を迎えるサラリーマンは、実はつらかったとしても「本当はまだ出来るが、決まりだから。」と良い言い訳を持って辞められる。
しかし、この道一本で生きようと決めた職人さんは自他共に限界を実感した時がその時である。

修行時代だけでなく、最後まで厳しい世界である。

一線で頑張ってきた人はそんな自分に耐えられない、みっともないと思ってしまう。
そのプライドが今までの結果に現れているのだから、そう思うのは無理もない。
しかし、周りの人の気持ちもわかる。
それまで頑張ってきただけに、気が抜けてしまって、生きる意欲まで無くしてしまうのではないかと心配になるのだろう。
特に病を患っていれば尚の事。

私は最近、自分の親を見て思う。
年をとるのは難しい。。。

母が、「父が外出を億劫がったり、年寄りにありがちな体調になった」と私に愚痴る。
私は、厳格な父とはいえ年を取ればそうなると覚悟していたので、あまりショックはなかった。
しかし、あまりにも厳しく言われていた母は認めたくないようである。
当然父も弱い自分を見せたくないらしく、年ではなく、わがままを言っているような振りをする。

本当に介護が必要になった時、元気だった父とのギャップに、さすがの私もショックを受けるかも知れないが、何よりも一番近くにいる母が心配である。

と同時に弱みをちゃんと見せられるか、父の事も心配である。

そうは言っても、自分も将来介護が必要になった時任せる事が出来るだろうか。。。
まずは、死ぬまで自分の事は自分で出来るように健康に注意しなくては!

blogランキング ←応援のクリックをお願いします!
















スポンサーサイト

テーマ : 今日見たテレビ番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

<< 2月27日(火) 夢 | ホーム | 2月25日(日) プリン開拓! >>


コメント

こんにちは。
私の父は大工でまさしく職人。
仕事もなくて今は母が支えている状態。
どこそこ体調を崩すことは多くなったけれど、まだ山にいったり趣味を楽しんだりしているので大丈夫だろうと思っています。
でも、いつ両親がどうなるかわからないんですよね。
私が年をとるたびにそう思います。
今年、父が60歳。
母はまだ54歳ですが、どうなるか。
まだまだ元気でいてほしいと思う反面、最近は介護のこととか少しずつ気になってくるようになりました。
私と母のくちぐせ。
ころっと死にたい。
介護してもらってまで生きたくない。
実際、その状態が目の前に現れたらどうなるのか。
また遊びにきます♪

そうですね、健康第一です!!
と今、イチバン思っている私ですが、、。

うちの父はサラリーマンで
60歳で定年しました。
会社にはまだ残ってもいいとは言われていたようですが、定年まで働いて、もう働きたくない、、と。
会社人間だったような気がしていたので
定年後、心配だったんですが、案外、エンジョイしています。意外でした。娘の知らない親の顔ってのもあるんだなぁ~と。

職人さんは定年なんてないから自分で見極めるはなかなか難しいでしょうね。サラリーマンの人も、定年を迎えてもまだまだ働きたいって人がいるんだもん、職人さんならなおさらですよね。
難しい問題ですね。
円楽さんは残念ですね。

どうなのでしょう?

基本的に定年退職まで、まだ時間があるのですが、会社の都合で早期退職ということを言われる可能性が無くはないです。年齢に関係がないので・・・
先日のTVで、退職した方々が起業してまで働く人が増えそうな事を言っていました。働けるのに働けないのと、働けるのに働かないのでは社会への貢献などが違ってきますよね。
私の父親も、ある意味職人ですが仕事が無くなってしまいました。コンピューターに負け、若い人達に負けた所もありますが、やはり身体が動けなくなることを考えての処置みたいです
健康には注意して、酒もひかえめにしなければ・・・と思うのですがねぇ

円楽さん 小さい頃から笑点を見ていたのですが残念です!
でも自分の限界を感じての事なのでしょうね。
潔さや引き際が 大事なのだと思います。

自分の親もいつどうなるかわからないということを自覚しなくてはいけなくなってきました。
今のところは 元気ですが今のうちに親孝行をしたいなぁと思ってます。
出来るだけ 介護の事や制度の事等も知らないので勉強していかなければとも思います。

介護するにも健康がなくては出来ないので まず自分の健康維持が一番の課題かもしれません(^^;

私も今朝のニュースで円楽さん引退宣言の報道を見ました。
その高座も。
自分自身で限界を感じる事って辛いだろうなぁって思います。
私はその時が来たら素直に受け入れられるかどうか、予想もつきません。

ぐっすりさんの記事を読んで私も両親の事をいろいろ思ってました。
そう遠い未来ではないですからね。
いろいろと感慨深かったです。

そうですね~。ぐっすりさんのブログを呼んで私も何だか考えちゃいました!
私の父は定年を迎えたのですが嘱託として今も同じ会社で働いています。でも、それもあと1年で終わり・・・・。その後どう過ごすんだろう・・・・。
若い頃からマッチョで力強く、よく父の腕にぶら下がって遊んだ事が蘇りました。
そんな父も今では大きくなった孫を抱くのが辛そうです。いつまでも元気でいて欲しいな~。

こんばんは。
私も最近親の介護について考えることがありました。
実家の両親に、旦那の両親。
いつ誰に何が起こっても、おかしくない年齢になってきたんですよね。
最近は自分も歳をとったなあって感じることがしばしば。
物忘れが激しくなって、親に介護してもらうようになるんじゃないかって心配です。
とにかく健康で長生きできるように、注意しながら生活していきたいと思っています。

職人さん、厳しい世界ですよね。
終わり無き・・・って感じです。

親の介護。
まだ全然考えてないですけど、これからは考えていかなければいけませんね。
あたしのおかーやんは子供に面倒を見てもらいたくないみたいで・・・・(⌒◇⌒;)
定年しても働く気満々です。
あとは老人ホームに入るらしいです。・・・ってなんだか子供のあたしが寂しいわ!!

介護師っていう仕事をしてるから、介護するのがどれだけ大変か分かってるのでしょうね。
子供にそんな辛い思いさせたくないのでしょう・・・
おかーやん・・・どこまでいっても親心なんだなぁ・・・

ちょうどそんな会話を実の父と交わしてました。

働かない若い子、アノ子たちは将来どうするんだろう・・。
この間ホームレスの番組でただ肉体労働を転々としてお金を貯めてなかったから年をとって仕事がなくなって・・当然お金がないから住むとこなくなって・・
っていう人のことをやってました。

きちんと生活してる人たちはいいけど、そうじゃない行き当たりばったりな人はどうするんだろう・・

考えさせられる問題ですね。

おはよー(^O^)/

ご心配”おかけしました♪ 娘は、学校復帰しました。息子も順調に回復していますにで木曜日には登校できるでしょう(^^)v ありがとう!

もとい・・・でっす^m^
皆が通る道。 お互いの思いやりと理解で乗り切るしかないですよね。
今は、必ずと言っていいくらい、家では死ねないし、病院のお世話になります。
誰にも迷惑をかけないで・・・というのは不可能です。
年よりは、子供よりもわがままで頑固です(笑)
父は、私に最後までそばにいてくれと頼んでいました。
母は年なので、しんどいからとズット病院に泊まっていましたよ(笑)
悲しかったな~(_ _) 息子が、悲しんで・・線香番、寝ずにしていました。
今考えると、怖くなかったんでしょうかね~。 私もいましたが、バタバタしていましたからね~。

何よりも、親も子も自立出来ていれば、心配はないと思っています。
お金には、綺麗にという事(笑)これも、避けて通れない道。
私は一人っ子。 has”は、長男。 両方の親を最後まで見るつもりです。
私は、父が亡くなッた時に財産放棄しました(笑)
母と二個イチのいとこ(74歳)がいますが、普段もとてもよくしてくれるので残ったものはその人にあげたらいいと思っています。
もちろん、そのいとこもずっと独り者なので面倒は、見てあげなくては。
そんな運命なんですよ。私たちは(笑)
has”も、自分の親のものは、姉と弟で分けたらいいと言っています。
少しのお金で、もめたくありませんし、お金の為に親孝行している訳でもありません。
みんな仲良しですよ(笑)has”の兄弟は、親に何もしてあげない人たちです。。。それが、損だ(又はしんどい)とおもっているのでしょうね。
仕方ない事なので、何も言いませんが、親はさみしいでしょうね。
私たちも自営なので、一応の引き時を考えてはいますが、これもわからない事。
不安定な生活です。 どうなる事やら・・・毎日を大切にですね(´∀`)
だらだらとすみません^^; 私たちの重大な課題でもあったので!(^^)!へへ♪

コメントありがとうございます。


モモさん。

私も「コロッと。」に行ければと思っています^^
でも、それが親や家族だったら少しは迷惑をかけて欲しいんですよ。。。
亡くなるまでに心の準備ができますからね。
急に逝かれてしまったら、きっと後悔しそうで。。。

やすさん。

楽しんでいるのはいい事ですよね^^
家の父も楽しみにしていて、一人であちこち飛び回っていましたよー。
今もあまり出掛けなくなったもののそれなりに楽しんでいるようです。

bgさん。

なかなか大きい病気にならないと変えられないものですよね^^
でもあまり窮屈にしても、今が楽しくなければ未来に希望は持てません。
ご褒美の日を決めるのはどうでしょう?

keiさん。

年とは関係なく、人の命の長さはわからないですからね。。。
いつでも後悔しないように接していたいですね^^

ギリちょこさん。

自分が年をとったと気づいた時もショックですよねー^^
見た目が老けたのはあきらめがついても、言葉が出てこなかったり、運動能力が衰えたのを自覚した時は恐怖に感じましたよ。。。

陽菜さん。

大丈夫ですよ^^
陽菜さんのお子さんにはきっと「高い!高い!」を思いっきりやってくれますよー。
いいベビーシッターさん確保です!

わいわいさん。

そうですねえー。
お年寄りが長生きできる時代になった反面、介護する頃になると介護する側も結構な年になるのですよねえー。
良い介護ビジネスが生まれてくれないと家族では難しいかも知れない。。。

メタルピノコさん。

家の親も最初は老人ホームに入るとか言っていましたが、兄が同居を希望していたので、今は一緒に住んでいます。
それでも、介護は私の仕事だと今から覚悟していますね~。

RYOさん。

確かに。国の生活保護って住所がないと受けられないのですよね。。。
お金がないと家がない。
それで今もめてますよね。公園も住民票を出せ!と。

でも、もらうのも裏技を知らないと難しいみたいですね。

仕事が100%あればいいのかなあ。。。

usamimiさん。

貴重なお話ありがとうございました。
確かにお金の問題もありそうですよね。。。
年寄りは本当に我慢ですよね^^
父もそうです。
家の両親は本当によくぶつかっていますよ。

でも、私がちゃんと父の話を聞くので、家族の中では一番私に素直になってくれてるみたいです。

でも、認知症になったらわかりませんけど。。。


でも、私ができる








私の場合・・・

親不孝でこっちに来てしまってますが母の介護の事は毎日の様に悩んでますよ~。
母も職人でした。
父の看病がキッカケで仕事は止め、父が亡くなってからは失った青春を謳歌してくれてます。
今は元気はつらつ・・・
でも将来を思うと悩んじゃいます・・・
今日のぐっすりさんの記事、考えさせられました~~。

梓の小鳥さんへ

遠く離れていると余計心配ですよね。。。
しばらく会わないと「随分老けたなあ。。。」と感じてしまいますし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。