プロフィール

ぐっすりさん

Author:ぐっすりさん




無料カウンター


現在の閲覧者数:


ブログランキング よろしくお願いします


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホノルル美術館~ホノルルアカデミーオブアーツ~





ここもテレビでよく紹介されていたので、一度行きたいと思っていた。
IMG_5654.jpg

まず団体旅行で観光に連れてこられる「カメハメハ大王」像。。。


しかしここではなく、この近くのココ。

IMG_5658.jpg IMG_6470.jpg

「ホノルル美術館」。

トロリーを利用するのなら、レッドラインで連れて行ってくれる。

ハワイには意外と美術館、博物館が多い。

この美術館は通りからすぐに入り口があって、小さい建物のように見えたが、意外とワンフロアーが広いようで、世界の有名な作家の作品が置かれているそうである。

しかし、私の目的は美術館ではなかった。(最近見たテレビで私が異常に興味を持っている「鳥獣戯画」の絵巻が保管されているという事を知った。美術館も見ておけばよかった。。。)

IMG_5661.jpg

ここの入り口をすり抜けて右に進むと。。。

IMG_5665.jpg

「パビリオンカフェ」。


気持ちのいいカフェに出るのである。
美術館は有料だが、ここだけを利用する場合はそのまま入場料を払う必要はない。
かなりの大人気のカフェらしく、ランチは予約が必須だそうだ。
しかし。。。

IMG_5670.jpg

こんなにガラ~ンとしていた。


なんだあ。。。
混んでいると思ったので、お茶だけのつもりでランチの方は他のお店を計画してしまった。
いまさら変更も出来ず。。。

IMG_5669.jpg

ビールとアイスクリームで休憩。


ここのオーガニックサンドが食べたかった。。。

さっきの入り口を左に行くとショップがある。

IMG_5675.jpg

せっかくなので記念にしおりを購入。

もちろん、有名な作家の画集やお高い物がたくさん並んでいる美術・博物館らしい品揃えである。

IMG_5677.jpg IMG_5678.jpg

一歩外に出ると目の前はこういう広場があちこちに見られる。


たまに昼寝をしている人もいて、実に平和的かつ自由である。

さて、少し歩いてランチにしよう!

blogランキング ←応援のクリックをお願いします!

スポンサーサイト

テーマ : ハワイ - ジャンル : 旅行

<< 「朝日グリル」 | ホーム | 「スワップミート」 >>


コメント

ホノルル美術館行きたかったところです(TдT)
予定組みすぎて入らなかったんですよ・・・ガクッ_| ̄|○
次行く時は必ずや訪れたいと思います♪

カメハメハ大王・・・そうそう、この近くで幽霊目撃が多いらしいデスww

ええええ!!!
私がブログをサボっていた間に、ぐっすりさんハワイへ??
ついこの間、行かれたばかりでは??こんな短期間に2回も!
羨ましすぎますv-356
暇を見つけて全部読ませてもらいま~す^^

南の島の大王は~♪

こんな顔してたんですね。
私の想像とは違った~(笑)
海外で美術館、ステキです☆
ここは ランニングと短パンでも大丈夫なんですかね(笑)??
広場にある木は 何の木なんですかね~?ラピュタとかに出てきそうな木ですね。
こんなとこで お昼ねしたい・・・。

コメントありがとうございます。


メタルピノコさん。

かなり良い美術館だそうですね^^
私も次回は行きたいですv-218

え!出るんですか?
でもハワイはそういうのあるかも知れない。。。
色々あった国ですからね~。

陽菜さん。

お元気でしたか?
とっても嬉しいです^^
そうなんです。
これでしばらく行かないと決めて、長めに滞在してきましたよv-219
是非、お暇な時に遊びに来てくださいねv-237

ひめダルマさん。

もっとふとっちょさんを私はイメージしてましたよv-219

他にももっと大きな美術館があって、広い庭にたくさんのオブジェが置いてあったりするのですよ~。
短パンとランニングの人ばかりです^^
でも、どこに行くか教えてくれないからとりあえずこの格好をしてきたという拉致ぎみの旅行者ではないようです。(笑)

木も「となりのトトロ」に出てくるようなおばけみたいな木もありました。
あれは絶対木の精が住んでいると思います。。。v-12

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。