プロフィール

ぐっすりさん

Author:ぐっすりさん




無料カウンター


現在の閲覧者数:


ブログランキング よろしくお願いします


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無洗米 こしひかり」




モニター応募していたものが当たった。
IMG_7288.jpg

「無洗米新潟産こしひかり」450g。


モニターとして応募したので、食べた感想をメールで送らなければならない。

無洗米が紹介されたばかりの頃に使ってみたが、水加減が難しかったので、それからは使っていない。
上手く炊けるか不安。。。

でも、「こしひかり」が当たったのは嬉しい。

で、炊いてみた。

我が家の炊飯器では説明書にある「ちょっと多めの水加減で。(参考例の分量が記載されている。)」「30分くらい置いてから炊いてください。」を参考にすると柔らかすぎてしまった。

2度目はいつもの水加減で炊いて成功した。
無洗米がこの水加減なら、いつもの米はなぜ柔らくならないんだろう?という疑問を抱えながら食べてみた。

なんか、甘味がある。。。気がする。

「新潟産こしひかり」、「タダ」の情報が私の頭をプラス思考にしているのだろうか。

ちなみに旦那さんは「ご飯はみんな美味しいから違いが分からないよ~。」と満足げに食べていた。

二人とも美味しく食べれたらいいか!

無洗米にあまり良い印象がなかったが、今回の試食で興味が湧いた。
冬は水が冷たいし。
簡単に水加減があったというのも、初期の頃より改良されているのかも知れないなあ~。

blogランキング ←応援のクリックをお願いします!


スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

<< 「ブラックサンダー」 | ホーム | まい泉の「とろ玉ヒレポケットサンド」 >>


コメント

見極めが難しいです

無洗米は水加減を気にしなくても大丈夫だと思うのですが、種類を選ばないとダメですね。
安くても買う気になる米もあるし、二度と買わないと思う米もありました。
多分、安いとダメな気がしています。

新潟産のコシヒカリは美味しいでしょうね!
頑張って応募しなきゃなぁ・・・

またまた

当選おめでとうございます!!いいなぁ~。

我が家も今 無洗米なんです。
とはいっても実家からもらってきた玄米を近くの精米所で精米しに行ったらそこに「最新!無洗米コース」ってのがありまして。
試してみました(笑)

以前1回無洗米買ったことあるんですけど やっぱり水の加減が難しくって・・。よく見たらタピオカ粉?を使ってなんちゃら~って書いてありました。
だからですかね??

今回の精米機での無洗米は 水の加減はいい感じでしたよ~。
確かに冬の朝の米とぎは切ないですもんね・・・。
いい無洗米にめぐり合えたらうれしいですよね☆

無洗米

無洗米って、水洗いしないからエコになるってCMで言ってるけど、家庭で洗わない分他で洗ってるのではないだろうか?どうなんだろ?

無洗米食べたことないです。
水加減が難しいのかぁ~・・・

こしひかりってだけで美味しさ倍増な気がします(笑)
古米と新米の違いなら分かりますけどね。新米とはまた違うんでしょうね~

コメントありがとうございます。


bgさん。

最近は水加減は問題ないのですかあ~。
コシヒカリ美味しかったですv-10

ひめダルマさん。

そうなんですよね^^
なんかお米についているから洗っちゃいけないらしいですね~。
実家からお米が送られてくるなんて良いですねv-237

tamakitiさん。

プロが洗った方が、各家庭で洗うより全体の量では水が少ないのかもしれませんね^^
完全に透明になるまでずっと洗う人もいるので。

メタルピノコさん。

上手に炊いた古米なら普通レベルで新米炊くよりも美味しいかもしれませんよv-219
最近は安い無洗米もあるので試してはいかがですか?
なんか栄養もあるらしいですよ^^




お久し振りです

私もご主人様と同様、 お米はどれも美味しく感じられます~♪
それでも 【こしひかり】 美味しいでしょうネェ v-9

確かに 冬の水仕事は辛いですよね。
ひとつでも洗い物が少ないと嬉しいですよ、 ね~v-345

梓の小鳥さんへ。

違いはあまりわからないのですが、コレは光ってました^^
普通のお米でも最近ではそんなに研がなくて良いそうなので、たいした手間ではないのですけどねv-219

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。